カンボジアの世界遺産 アンコール遺跡 

アンコール・ワットは、カンボジアのアンコール遺跡の中で

最も代表的なヒンドゥー教寺院の遺跡。

アンコール遺跡の1つとして世界遺産に登録されています。

 

12世紀前半に、アンコール王朝の王によって建築され、

長い間、ジャングルの中の忘れ去られていました。

 

1860年フランス人の学者アンリ・ムーオが発見し、

現在ではカンボジア国旗の中央に入る、

カンボジア人達にとっての象徴的存在です。

 

9世紀から14世紀にかけてのクメール美術を伝え、
 
アンコールで培われたクメール美術は、

東南アジアに大きな影響を及ぼした と言われています。

 

 



posted by ももきち at 13:11 | アジアの世界遺産

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。